忍者ブログ
RPG中心にオタク目線で好き勝手語ってます。
PR
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Twitter
ゲームのプレイ感想を都度呟いています(日常ネタも多め)
プロフィール
HN:
なると
性別:
非公開
自己紹介:
出戻りぬるゲーマー。気の向くままに手を出しつつ、のんびりらくがきや二次創作漫画描いたりしています。
オフ同人活動もしている為、同人誌の告知なんかもします。ご注意を。あんまカップリング要素はなく、ほのぼのゆるふわ漫画が多いです。

拍手やコメントありがとうございます!記事コメントは同ページ内に返信形式で、拍手コメントはブログ記事でお返事致しております。

DFFオペラオムニア楽しくプレイ中。WoLさんかっこいいしエッジにエースにマッシュに好きキャラが次々参戦して嬉しい限り。
twitter pixiv
発行同人誌一覧・通販:
http://www.chalema.com/book/endre_krg/

FF@search
FF@search

RPGFanSearch|ロールプレイングゲームファンサイトサーチ
RPG Fan Search

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
イベント参加予定
サークル名「ふろや」で参加しています。
最新コメント
[11/12 なると]
[11/12 アカアオ]
[03/06 なると]
[03/04 ゲームクエスト運営]
[12/18 Nina]
ブログ内検索
P R
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DFFOO:胸熱PT





これ…このパーティでこの戦いができるなんてな…胸熱すぎる…ありがとうありがとうオペラオムニア。


オーディンの試練でまさかまさかのギルガメッシュ登場!嬉しかった!
しかもしかも戦闘曲がビッグブリッジだなんて!さ!粋な計らいに俄然テンション上がりましたよー!今回の幻獣試練の楽しみが一気に増しました。
相変わらずの憎めない、愛嬌あるライバルキャラって調子で楽しいですなぁ。バトルボイスも何かしら動くたんびにいちいちうるさいのがとても良い。好きです。
そして台詞も人情味あってニヤッとなったしホロッときた。ガラフへの台詞良かったな。じんときた。シナリオ的会話イベントじゃなかったから見直せないのが残念であった…スクショ取っておけば良かったな。


試練後半でギルガメッシュ加入展開あったらオペラオムニアに一生ついていきます。でもそうはならずに、今後もちょいちょい現れてはまたおまえかwwwと返り討ちにするのも彼っぽくて楽しいかもしれない。
どっちにしてもこの先も是非関わって絡んできてほしいなー!いつかは仲間として操作できる日が来るのを期待しつつ。



ところでこのパーティでギルガメッシュに挑むのをやりたくて、今まで武器なくて育成後回しにしてたガラフをやっと使ってみたんですが、アビリティなかなか唯一無二で面白いですな!
かばう構えがめちゃくちゃかっこ良くて震えたぜ。ラスト1回で全員かばうモードになったときの、凛々しさとともに滲み出る優しさには更に熱くなる…!
今のところアビリティの特性の割に使用回数があまりにも少ないのと、かばってる間の身動きがBRV削るには弱いしHP攻撃は出せないしでなかなか取りづらいのとかで、使い方に気を使うのが難しいー。かっこいいじいさんなのにな。たぶんキャラ調整入るだろうから、そのときにもうちょい頼もしく使えるようになると良いなぁ。しらはどりはあの回避率ならもっと回数あっても良いと思うんだぜ。
かばうターン数は対象キャラのactに準拠するので、クルルをかばおうとしたらあの子が出来る孫すぎて行動順さっさと回ってきちゃうからおじいがかばいきれない光景が繰り広げられてしまった。でもそれで自力でのBRV稼ぎに難のあるおじいのBRV回復してあげたり、ほんと出来る子ですな。自慢の孫じゃね。

拍手[0回]

DFFOO:WoLさん専用武器

もうだいぶ経ちますが、DFFオペラオムニアにキャラ専用武器が実装されましたねー。
既存キャラはまずは主人公格からの実装って感じで。


で、なんとも運良くWoLさんの専用武器が手に入ったんですが、スローバックラーの威力がアホみたいに上がってめっちゃ嬉しいです…!!
いやー正直この頃はボスも強くなったり速くなったりで、あんまり悠長に盾張ってたりする余裕もなくてWoLさんお留守番が多かったんですよ。好きなキャラが好きなように使えないのさみしいなーと思ってましたが、最近WoLさんに調整入ってだいぶ使い勝手良くなったところに、強化される武器が来たおかげでまたちょいちょい出番が回ってきてます!
スローバックラーが5act引き付けられるようになって、更に行動負荷が軽くなったのかなり使いやすくなりましたねー。盾投げてから盾張れるようになった。そんで一定の時間引き付けられるから、その間に仲間が好きに暴れるっていう役割分担ができたりで作戦練って戦ってる感じして楽しいです!
自ら率先して敵を引き付けて仲間が動きやすいようにするっての、WoLさんのリーダー力に溢れてる感じでとても良い。あと盾投げた方が強いってのも原点回帰っぽくて良いと思う(?)。
専用武器のおかげで更に使い勝手良くなったんで、役に立ちそうかなって相手に連れてく楽しみが増えたの嬉しくなりましたー。やっぱり好きなキャラ使って戦うのが楽しいなぁ。
どんな相手にでも気兼ねなく連れてける安定した強キャラも頼りになりますが、自分なりのこだわりPTで試行錯誤してクリアやコンプを目指すの楽しいですよね。達成できると喜びもひとしおです。


実際恩恵になったマッシュイベントではそらもうもう思いっきり持ち味を発揮してもらいました!WoLさんが輝く日が来て嬉しかったよ…!!
キャライベントはこんな感じで恩恵キャラの良さが出しやすいボスになってるので、好きキャラなら思う存分無双できるし使うきっかけがなかったキャラは楽しさに気付けたりして、毎回楽しんでいます。めんどくさいタイプのボスもいますけどw それもまた一興。
最初はビビって挑まなかったEXも、ちょっとずつ太刀打ちできるようになってきました。クリアできれば御の字レベルのぬるプレイヤーですが、頭捻って作戦立ててコンプリートできるとめちゃくちゃ嬉しいー。マルチでわいわいも楽しいですが、自分だけの力でやりきれたときの達成感はまた格別ですね。


専用武器は従来の相性武器に比べて出てくる確率が低いようなので、どこまで追いかけるかおそろしいところですが、好きなキャラのは手に入れたくなっちゃいますよね…。運を天に任せてできる範囲でガチャガチャしていくかな。
エースの専用ほんと欲しかったから結局手に入らなくて今でも無念です…復刻きたらまた挑戦したい。マッシュは運良く相性完凸できて、専用の恩恵があるアビリティの使用頻度はさほどでもないから、当面はこのままで十分そうー。
そしてWoLさん恩恵ピックアップ期間にも、マッシュ相性完凸までに結局WoLさん剣は専用1本しか出ませんでした我が陣営です。この芸風全くどうなってんの。エースの時はエース相性完凸までに恩恵のビビバッツ両者とも相性完凸したんよ…余りも出るほどに…だからWoLさんも相性エンハンスソードいくらかは重なると思っていたのに。
物欲センサーもここまで感度高いと笑えてきます。専用武器は武器交換システム実装されたら鍛えようかと思ってますが、相性はこのまま自然に任せていつ2本目が来るかなと待つのも面白いかもと思えてきた。

拍手[0回]

DFFOO:共闘共闘~

DFFOOにいよいよマルチプレイが実装されましたねー。
当初は自分のコミュ障な性格やうっかりやらかしがしの力量から、マルチこわい…むりそう…と尻込みしていたんですが。始まってみたらだんだんうずっとしてきて、はは話の種に胸を借りるつもりでやってみようかなぁと飛び込んでみましたら、結構かなり楽しくて面白かったです!わーい!


バトルシステムからして数手先を読んでいくような戦い方になるので、直接意思確認が出来ないオンラインマルチプレイどうなるんだろうーと不安がありましたが、何かこう…何とかなるもんですね。多少もたついても、お互い様~って感じが何となくある。気がする。
それと難易度がかなり易しいのから用意されてるのがありがたいなぁ、高難易度だと流石にプレイヤースキルが要求されますけど、好きなキャラで育成もそこそこでもみんなでわいわい殴ってたら勝てるーってくらいのやさしい世界も用意されてて嬉しい~~。
皆さんの使用キャラを見て、自分がまだ使ってないキャラとか思いつかなかった戦い方とか見られるの楽しいです。出来る範囲でお仲間の特徴に合わせてキャラ変えてみるのも楽しい、それで遊べるくらいのゆる難易度をぶらぶらするの楽しいですねーと漸くわかってきました!


自分はついBRV溜め込みアビリティ出し惜しみ召喚獣忘れてる(…)というケチくさい戦法になっちゃうので、同行フレンドさん達にもどかしく思われてないか心配になります…。act数も評価の内になるから、あんまり慎重すぎるのも考えものなんだろうなぁ。
そして人様の戦い方見てるの勉強になります。何でこうしたんだろ?と不思議に思ってた行動が、あっこういう意図があったのか!と後からわかった時の面白さはマルチならではだなぁ!自分もこうしてくれたら良いなーと念じていたプレイがその通りになるとそれ!それですありがとう!って高揚感もひとしおです~。
そういった意思疎通を限られたスタンプでクポクポと図ろうとするのもまた一興。通じた気がすると楽しくなります。チャット形式とまでなると自分にはちょっと窮屈に感じてしまいそうなんで、このくらいのやや手探り感の中遊ぶのがちょうど良いなぁ。バトル中は戦うのに夢中でつい無言プレイになっちゃうので、合間にもクポクポ打てる余裕が出せるようになりたい~。


報酬は今のところミッション達成以外だとクリスタルだけなんですよねぇ。そしてミッションはホストでしか達成にならないから、現状ゲストさん達にはご厚意で協力していただいているというのが、今後ゲスト側にももっとメリット増えたら良いのになーと思っておりますー。即ち自分のメリットにもなるしね。
DPもちょろっとでも落としてもらえるようにならないかなぁ、交換出来るスタンプやボイス欲しいの色々あって、デイリーのptだけでは集まるのいつになるか先が長すぎるw ゲスト参加で多少でも貰えると、もっと活気溢れないかと思うんですけどねー。
活気と言えば、お誘いがフレンドさん5人までにしか送れないのもなぁ。その人が別のクエストやってるかどうかは現状のシステムでは確認出来ないので、5人中2人が手が空いていて参戦しても良いよって思ってくれるかどうかって考えると…結構運が良かったなって話でありそうな。
フレンド外へのお誘いは今後追加されそうですけどね、個人的には選べるようになっといてくれると嬉しいかな。だいたいそうなると思いますが。フレンドさん一斉要請くらいは追加してもらえたらありがたいなー。


なんてあれこれ思えるくらいに漸く慣れてきまして、これから本格的に楽しめそうです。やっと。好きキャラで遊べるやさしい難易度でゆるゆる遊ぶよ。
慣れない間にうっかり部屋解散しちゃったりお誘い受けたのに準備完了押し忘れてソロ出動させてしまったり、かなり粗相をやらかして本当に申し訳なかった…。それでも相互切らないでいてくれた方ばかりで涙が出そうでした。みんなやさしい。このやさしさを自分の時にも返していきたい、こう思うのが良い雰囲気の連鎖なのだな…。
その内共闘呼び掛け用のコメントが個別に打てると良いですね。今はフレンド欄でしか意思表示出来ないですけど、こんな方向性で遊びたいですって都度アピール出来るともっと可能性が広がりそう。


時にクエストの達成度は先にシングルで出来るとこまでやってました。今後もこのスタイルでいきたいな、どんな流れか予習してからでないとビビりには心労がたまらん。
難易度40と50は自力でコンプリート出来たんですが、60はもうジリ貧で…最後にひとり生き残っていたプリッシュの渾身のキックで死闘を制しました。文字通り生きるか死ぬかのデスマッチでした。本当にただクリアしただけだった。
だもんで、ミッションの達成は本来の形でフレンドさんのお力借りて出来ないかな…と勝手ながら当てにして挑んでみているのですけど。やっぱりホスト側の自分がちゃんとしてないと、ただいたずらに疲弊させてしまうだけですね…。せっかく来てくださったフレンドさん達に苦しい戦いをさせてしまった挙句にリタイアという、本当に申し訳なかったですー。もっとしっかり出来るようになってから出直そう。


これ高難易度を共闘するとしたら、個人的願望としてはリアルに面と向かってあれこれ言える状況でわいわいとやりたいですな!ここどうしようーこうしようーみたいにして。
でもリアルではこのゲーム周りにやってる人がいないもんで…あっあの5月のスパコミとかでスペースで共闘させていただける人見つかったりしませんかね…?と言っても参加日が1日目の5/3なので、ゲームとは別日な為更にハードルが上がるのですが。
完全にダメ元と承知で言うだけタダだしと言ってみてます、スペース西4 u49b(uは小文字)におりますので、その場で即席フレンズやってくださる方いらっさったらお声がけください…。かるーい気持ちで構いませんのでー。

拍手[0回]

DFFOO:189らくがき




スコールさんいらっしゃい記念に描いたらくがき。相変わらず時空を遡ってる記事投稿ですが気にしない。
残ブレイブが少ないほどに攻撃力や攻撃回数が増すスコールさんは、ブレイブガン溜め鉄壁スタイルのWoLさんとはこれまた好対照だなぁ…と思って。ブレイブ少ないほど強くなる!そういうのもあるのか!と芸風の違い(芸風じゃない)を興味深く楽しんでました。
けどこの逆境に強い感じカッコ良いですね。ボス戦みたいな長期戦だと、それぞれ持ち味が出て面白いなぁ。WoLさんとスコールだけ生き残ってて相手とどっちが先に倒れるかというスレスレの場面で、WoLさんスローバックラーで敵をひきつけHP攻撃をギリギリ一発耐え忍び、直後にブレイクしたボーナスでスコールがとどめ刺して死闘を制した時は、何だか熱いものがこみ上げました。本家PSP版的にもこの2人が力を合わせて戦う展開は燃える。
自分はついブレイブ溜め込み戦法が多いので普段なかなかスコールの良さを活かしきれないんですけど、先日試練で強化出来た召喚獣シヴァとの相性は頗る良さそうなんですよね。これからまた色々使い勝手試してみたいなぁ。


このスコールイベントは最初のキャライベントだからやさしめにしました!との話を聞いて、これでやさしめだと…?と当時は息も絶え絶えでしたが、今振り返ると確かにやさしかったですね…。タイミングを見誤らずにひたすら殴り続ければ勝機が見える相手だったもんな。
ブレイク復帰のタイミングを知る大切さも敵の攻撃パターンを知ってブレイブHP攻撃を使い分ける事も、キングベヒーモスさんが教えてくれた。ここで学んだ戦法は後々まで役に立つ基本の形となりましたね。感謝です。

拍手[0回]

DFFOO:セッツァーイベント話




だいぶ時期過ぎちゃいましたがDFFOOにFF6セッツァー参戦したよやったね!な喜びに任せて思いつくまま描いたらくがきです。全然お祝いしている感じにならなかった。けど参戦嬉しかったよー。
個人的に初めてしっかりやりこんだFFが6だったので、やっぱりキャラにも思い入れあるなぁ。ディシディア作品でもこれまで6キャラは意外な程来てなかったので、漸く増えてきたーという嬉しさも。やっとティナが同じ世界の仲間と話している姿が見られるよー楽しいな。


セッツァーと言えば私は何かとスロットで遊びに走っていた思い出です。通常戦闘では他の強キャラに攻撃任せて、しょっちゅう運試しに興じていたなぁ。下手くそだったからうさぎばっかり出ていたメモリー。
DFFOOでもしこれがアビリティとして搭載されてたらロマンキャラなんてもんじゃなかったろうなと、3人PTのカツカツさを身にしみて思いながら浮かんだネタでした。だいぶ慣れてきたけど3人だとやっぱりなかなか、遊びを入れる余裕が無いよねぇ。1人あたりの行動の重要性が高いので、どうしても攻撃が最優先になる。面白そうな補助アビリティのキャラも使ってみたいんですけど、せめて2つの内どっちかには攻撃アビリティないと使い方が難しいなぁ。
その点ではDFFOOセッツァーは、思い切り尖った個性携えてやってきた生粋のギャンブラーって感じでしたね!2つのアビリティどちらも1回こっきりで、そこに勝負を賭ける博打打ち。ここまで尖ってると純粋に面白いなぁ、汎用的な使い勝手を全く別にして愛しくなるキャラですね。こういうロマンに溢れている性能のキャラ好きなんだよなぁー。
イベントボスの怪鳥ではしっかりお世話になりました。装備や育成足りてなくて終盤フリーズジョーカー1回では凌ぎ切れなかったけど、イフリート先輩の力も借りて何とか5までクリアしたよ。遠距離武器が金色の全然なくて難儀したなぁ、運良く期間中に出たので急ピッチで鍛え上げてどうにかなりましたが。ブーメラン投げてるセッツァーのこれじゃない感すごいけど致し方ない。
フレンド機能でセッツァーINすると、その1度限りの技を余さず出し切って颯爽と帰っていくのがすごくロマンありますよね。ラストアクションで華麗にフリーズジョーカーぶっ刺して帰るキザプレイ楽しいです。そういやあれって何気に全体攻撃なんですね、単体ボスの怪鳥でしか使ってなかったから後から気付きました。シビれるね。

この時の恩恵キャラのラグナさんとユフィは、どちらも自分には使いこなせなかったなぁ…。結局育ってた別のキャラでクリアしました。けどボス近距離耐性持ちなのに頑としてWoLさん連れて行ったよ行けるところまで趣味パで挑む勢。それが楽しい。
でも普段使わないキャラの魅力を知る良い機会になるので、この恩恵キャラ指定は好きですね。普段は好きキャラ気に入ったキャラばっか使ってるからなぁ。試しに組んでみたWoLさんセッツァーラグナさんPTは、みんなHP攻撃でくりんくりん回ってPerfumeかなって感じで楽しかった。


FF6キャラこの先もまた出てきてくれるのか、ひっそりと期待しながらまったりと待っております。そもそも言っちゃうとシャドウとセッツァーってなかなかにシブいとこ突いてるチョイスだと思うので、今後いよいよ本格的に主要キャラも来そうなんだけどなぁ。
6章ではストラゴスというこれまたシブい名前が出て来たりもして、結構幅広く色んなキャラ出したい気持ちがあるのかなーと感じてまた期待が高まっちゃいます。まだまだ手探り感や拙さも感じるアプリですけど、意欲や愛が滲み出ている感じで好感も抱いているので、あまり極端な意見には振り回されずに地道に良いもの作っていってくれたら良いなぁ。
マッシュ来たら全力でガチャ回しますね。フィガロ兄弟参戦叶ってほしい…。クリスタルは兄弟で同じ色だと設定的には最高だけど育成面では難儀しそうで、悩ましい、なんて欠片も出てくる気配がない内から妄想ばかり膨らんでいく。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne