忍者ブログ
RPG中心にオタク目線で好き勝手語ってます。
PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
ゲームのプレイ感想を都度呟いています(日常ネタも多め)
プロフィール
HN:
なると
性別:
非公開
自己紹介:
出戻りぬるゲーマー。気の向くままに手を出しつつ、のんびりらくがきや二次創作漫画描いたりしています。
オフ同人活動もしている為、同人誌の告知なんかもします。ご注意を。あんまカップリング要素はなく、ほのぼのゆるふわ漫画が多いです。

拍手やコメントありがとうございます!記事コメントは同ページ内に返信形式で、拍手コメントはブログ記事でお返事致しております。

DFFオペラオムニア楽しくプレイ中。WoLさんかっこいいしエッジにエースにマッシュに好きキャラが次々参戦して嬉しい限り。
twitter pixiv
発行同人誌一覧・通販:
http://www.chalema.com/book/endre_krg/

FF@search
FF@search

RPGFanSearch|ロールプレイングゲームファンサイトサーチ
RPG Fan Search

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
イベント参加予定
サークル名「ふろや」で参加しています。
最新コメント
[11/12 なると]
[11/12 アカアオ]
[03/06 なると]
[03/04 ゲームクエスト運営]
[12/18 Nina]
ブログ内検索
P R
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DFFクリアしました

一先ずShade ImpulseをWoLさんで。じんわり余韻に浸っている最中です。
備忘録がてらにラストバトルやEDの感想書き殴り。


まずバトルですが、カオスてめぇこのwww 何なんすかあれwww ド派手なでたらめ全方位攻撃におもっくそやられまくりましたさえぇえぇww Lv100達成してたのでゴリ押しで良く分かんない内に勝ってた感じです(ノ∀`)タハー
あれLv差なかったら絶対手も足も出ず負けてただろうなー(;´∀`) 何かもう、とにかくいちいち迫力に気圧されました。ほんとどうやって勝ったのか良く覚えてない。困った時のシールドオブライトは撃ちまくった記憶がぼんやり。
後で攻略法とか見てみたら「ガードで防いで攻撃のチャンスに!」とか書いてあってガード…だと…。今迄回避→攻撃ばっかやってきてて相変わらずガード反応力上がってない自分じゃーそりゃ苦戦するように出来てますがな(ノ∀`) それととにかく攻撃がいちいち迫力あるのでヒィってなってろくに反応出来てなかった。な。これまでのボス戦とは全然演出が違った。びびった。バトルフィールドも相撲みたいに限られたエリアだから、取り敢えず距離を取って仕切り直すって戦法も取りづらかったなー(;´∀`)
ちょっともう一度挑んでみたい、今度はもう少し冷静に対処出来たら良いな…。



そんなだいぶテンパった状態で倒しましたが、その後現れた緑溢れる風景には目を奪われました。
徐々に終わったんだ、って達成感や安堵感がこみ上げてきて…ってところでWoLさんの「全て終わったのだな」って台詞がな。な。あの時のWoLさんの表情がとても晴れやかでさ、微笑んでるようなほころんでるような、それまで一貫して厳しい表情ばかりしてきた人があんな表情見せるんだ、って思うともうね一気に感慨深くなりましたよね。
普段のイベントやバトルで見せる顔立ちだとWoLさん割と年上めな、20代半ばかなーって印象受けるんですが、EDの彼は少しあどけなさが見受けられる気がしますね。もう2、3歳は下に見える。戦いが終わって表情が柔らかくなったのかな、あれが歳相応の表情なんだろうか、とか思うとちょっと更にグッとくるものが。
その後それぞれのキャラが言葉を残し、彼らの戻るべき場所へ帰っていくという。みんな彼ららしい言葉を残してくれますが、中でもティーダの言葉がとても好きです。彼の終盤からEDにかけての言葉は本当名台詞ばかりでさぁ、あの明るさにとっても救われたよー( ;∀;)
そして最後にWoLさんが歩み出し、「光は我らとともにある」と、今作品の象徴的な台詞を発してまた前へと進んでいく。その先にあるのは…FF1のコーネリア城、なんですね。そして流れるFINAL FANTASY…!!
これまでの暗澹たる世界を一気に全て拭い去ったような清々しいEDで、終わってから暫く余韻に浸ってました。そして今も思い出してはじんわり感慨がこみ上げてきます。特別強烈な演出こそなかったですが、染み入るEDでしたよう。
彼の言う「光」とは、コスモスがくれた導きだったり、世界全体の救い恵みとしての象徴的表現だったり、に加えて、ともに戦った仲間達のそれぞれ持っていた輝きとかから連想した彼らとの思い出そのものも含まれてたら良いなぁ。なんて思っています。

みんな帰るべき場所に旅立っていったんですけど、WoLさんだけはそれがどこか分からないままで、それでも前へと歩んでいってるんですよね。
終盤で皆が記憶を取り戻しかけてる時に、自分だけ何も思い出すものがなく元いた場所も何も分からない、と初めて不安めいた心を漏らしたWoLさん。けどそこで皆から「なら今を『記憶』に、『思い出』にすれば良いんだ」って励まされて、この気持ちを記憶を絶対忘れたくないと願ったWoLさん。静かに歩き出す彼の胸にはどんな記憶が、思い出が刻まれているのだろう。
もしかしてやはり、というか、WoLさんにとっての元いた場所ってのはこのDFFの世界そのもので、だとしたらこの世界は元々断片が寄せ集まって出来たカオス育成空間みたいな世界だったから、神々の闘争が終わった今となってはいずれなくなってしまうのでは…そうなると彼が「帰る場所」ってのはなくなってしまうのだろうか。
だとすると彼の場合は、「自分の場所」を新たに見つけない限りはずっと何処かへ歩き続けていないといけなくなるんだよな…それって何か切ないなぁ。
そして彼の中の「記憶」もどうなっていくのか。また戦いの中に身を投じていく中で、今までのように「無くして」しまうのだろうか…。WoLさんにとっては「忘れるものか」って初めて自分の為「だけ」に願った決意だと思うから、せめてそれだけは叶って欲しいと願わずにいられません。しっかりした「記憶」はなくなっても、どうかぼんやりとでもあたたかい「思い出」の断片だけでも残っていて欲しい。
今FF1をプレイ中なので、そこで彼(ら)光の戦士達に救いがあれば良いなぁ…と願いつつ進めていきます。



とりあえず一気に思いの丈を語ってみました。ふおおスッキリした…!
これからまた周回やりこみしつつ、またD.O.やS.I.個別に感想浮かんだら語っていきます。特にS.I.IIIはちょっと語りたい、ティーダの台詞をはじめ大好きなシーン多すぎだよ…!
あとレポート集めとやら頑張りたい、けど、カオスレポートの条件なんだあれ…カオスキャラ使ってコロシアムでランダムに出てくる中から宿敵キャラの最強設定のやつ倒さないといけないとか… …コンプ出来る日は来るのだろうか_ノ乙(、ン、)_
DDFFもやりたいなー、何だかんだで早くても年明けないと始められなそうだけど、絶対やりたい。

拍手[0回]


お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne